当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

むちうちなら新静岡駅前接骨院

新静岡駅前接骨院

股関節痛

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. 股関節痛

    股関節の症状で、こんな事はあるでしょうか。

    太ももの付け根が痛む運動をした後、ももの付け根やお尻の横が痛い。
    家族あるいは親戚に股関節の病気を抱えている人がいる
    歩くとき、左右に体が揺れ。るスカートやズボンの丈が左右で合わない段差があると、上がりづらい
    小さいころからあぐらがかけない。片方しかかけない。膝が浮いてしまう
    靴下をはきにくい。片方が脱げてくる。
    寝返りを打つととももの付け根の関節が痛い

  2. 股関節痛に対する当院の考え

    腰痛

    股関節の形状は、いわゆる電球をはめ込むソケットの様な形状に似ています。電球はねじってはめ込むものですが、むしろ電球を載せるお椀のような形をしています。大腿骨、太ももの上の端にある骨頭という丸い部分、(電球の頭の様な形状)が、寛骨臼 という骨盤の窪み(お椀の様な形状)に、はまり込むような形になっておりその構造上、脚を様々な方向に動かすことができます。
    関節は、骨の表面がとても滑らかでつるつるとした弾力のある軟骨と呼ばれる組織で覆われていてその軟骨が関節を動かしたり、体重の負荷がかかったときの衝撃をやわらげるクッションの役目をしています。

  3. 股関節を放っておくとどうなるのか

    o脚

    放っておくと、歩行時痛がひどくなります。外出を避けるようになり、うちでゴロゴロする事が増えます。寝ていても痛くなるので、不眠気味になります。やがて立つ事が出来なくなり、寝たきりになります。筋肉、靱帯が委縮していき、つるつるだった関節面が不整となり、関節可動域が狭くなります。自分の力では起き上がれないので介護を要します。何よりも痛みがひどいので、股関節を置換して可動域を確保する関節人工股関節全置換術となります。以前は足の長さの違いで歩行時の横揺れがありましたが、最近の手術は切開による侵襲も少ない治療法が確立されています。

  4. 股関節痛の改善方法

    明るい挨拶

    痛みを抑えるなら、自分で出来るものであれば運動療法があります。ストレッチ、ウォーキング、筋力強化、水中運動、肥満解消などで股関節の負担を軽減します。病院での治療などでいうと、赤外線照射装置、電動マッサージ器などの温熱療法、消炎鎮痛薬(内用・座薬)、注射などの薬物療法、補高靴、杖などの装具をつけて自己治癒能力に身を任せる方法があります。動かしていないといけないので、強い意志を持って自ら何とかしよう、と決意して頂かないと難しいです。もしくは整骨院にて関節可動域の改善や根本的な形状の治療をすることにより意識しなくても痛みを感じない体にすることが必要です。

  5. 股関節痛にはどんな施術メニューがおすすめですか?

    姿勢矯正

    変形でなく、習慣性、癖によるものでしたら治療可能です。全身の関節を正しい位置に戻すことにより周囲組織の血流が良くなります。関節可動域を広げ負荷の軽減を行います、身体の筋肉を包む筋膜が硬い方は筋膜ストレッチを行い内圧を減圧します。筋膜とは全身を包むタイツのようなものです。サイズの違うタイツやズボンをはいて屈伸するのは大変ですよね。筋膜ストレッチは18の筋肉と3つの関節をまるごと包んでいる筋膜を、患者様本人では決して伸ばせない範囲まで伸ばします。骨盤の歪みが強く、極度に前弯,後湾している方には骨盤はがしというお尻付近のストレッチがあります。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    楽になる施術

    関節を正しい位置に戻す事により、関節可動域が広がるので動作による痛みが減ります。歩いても痛みがなくなります。血流が良くなり、老廃物が排出されることによりむくみが消えます。むくみによる圧迫が無くなるので圧迫痛の消失、シビレの改善、血流増加による体温上昇、足が軽くなります。冷え性の方でも全身に血が巡るようになり、今コロナ過でもっとも重要な免疫が上がります。ご自分の免疫が強くなればコロナだろうがインフルだろうが関係ないですよね。

  7. 軽減するための施術頻度は?

    明るい挨拶

    改善する為には半年から1年かかります。治療と並行してEMS【電気的筋肉刺激 (electrical muscle stimulation)】で筋肉を促進させる方法を併用しても6か月かかります。筋肉だけでなく靱帯組織も変化させるとなると硬く血流がある緯靱帯組織は修復に時間がかかります。また、歩く、立つという日常動作により負担がかかり戻りやすいので、繰り返しの治療が必要です。
    ご質問あれば新静岡駅前接骨院までご相談下さい!

▲ページの先頭へ戻る

新静岡駅前接骨院のご案内

【住所】〒420-0858 静岡県静岡市葵区伝馬町7-9【電話】TEL:054-269-5811

新静岡駅前接骨院景観
受付時間 土・祝・日
10:00~13:00 9:00~13:00
15:30~21:00 15:30~18:00

年中無休で営業しております。

当院までの地図

新静岡駅から
徒歩3分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

マップ

駿河区、馬場町、柚木、牧ヶ谷など広く地域の方にお越しいただいております。

お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る